介護保険の住宅改修とは

あなたやご家族が住み慣れた自宅で安心して暮らしていくために、身体の状態に合った

住宅改修が提供されることがとても大切なことです。

このため、介護保険制度では、住宅改修サービスが対象となっています。

 

ー 在宅介護の住環境は、3本の柱があります ー

介護認定を受けると、①住宅改修 とそのほかに ②福祉用具をレンタル ③福祉用具を購入

を1割もしくは2割負担で行うことができます。

インテリア江坂は①住宅改修の専門会社です。

 


①住宅改修(インテリア江坂)

がお手伝いできる制度です

    手すり      段差解消     床材変更      扉変更     便器取替

・介護度にかかわらず利用可能です。

・生涯で20万円までなら分割して利用できます。

  例外 : ①引っ越した場合は20万円が再度利用できます。

       ②介護度が3段階上がった場合は再度利用できます。

         (※要支援2と要介護1は同じと考えます)

・工事前に事前に申請が必要です。当社が申請を代行いたします。

・そのほかに自治体によって様々な制度があります。まずはご相談ください。

 

【 介護保険制度の住宅改修の流れ 】

医療、介護、リハビリなどの専門的なアドバイスも必要となる場合がありますので注意が必要

です。


② 福祉用具レンタル(福祉用具会社)

・介護度により限度額が違います。

・要支援1から要介護1までの方は、★印の4種のみレンタル可能です。

・レンタルにはケアマネージャーのケアプランが必要です。


③福祉用具購入(福祉用具会社)

・浴室、トイレ用品など直接肌に触れる用具はレンタルできません。

・介護度にかかわらず購入可能です。

・年間10万円まで利用でき、毎年4月に更新されます。